留学・国際交流

  1. TOP
  2. 留学・国際交流
  3. 留学体験記
  4. 小坂 真友梨さん

小坂 真友梨さん

交換留学

留学先:北京外国語大学(中国)

交換留学制度を利用し、北京外国語大学に1年間留学しました。2年次から始めた中国語の学習を進めるにつれ、自分自身に足りない部分が多いことに気付き、人に認められるレベルの中国語を身につけたいと思い留学を決意しました。
北京での生活は、愛知文教大学に留学していた中国人の友達がいたのですんなりとけ込むことができました。しかし授業は全て中国語で行われ、日本人は1人しかにいない上のクラスに入ったため、最初は周囲との差を感じ悩みました。そこで人の話を集中して聞くことを心がけ、スーパーに行って店員さんに話しかけるなど、積極的に現地の人と話すようにしたところ、2ヶ月ぐらいで日常会話に困らなくなり、授業でのディスカッションも出来るようになりました。
また、クラスメートはドイツ、イタリア、チェコ、インドネシア、ベルギー、韓国など多国籍で、そのパワフルで自由なところから影響を受け、自分から積極的に話しかけたり、自然に笑い合えたり、のびのびと生活できるようになりました。大学で留学生が各国の食べ物を販売するイベントがあり、クラスメートと手作りのおにぎりを販売したことはとても良い思い出です。共通語は中国語なので、会話力が伸びましたし、国による違いを知るだけでなく、それまで深く考えたことのないことを考える機会にもなりました。お互いに刺激しあい、パワーアップ、スキルアップして日本に戻ってこられたと感じています。
まだ将来についてははっきりとは決めていませんが、ホテルや観光業のような職業と、家業のハウスクリーニング業に携わることに興味を持っています。両方ともこれからますます外国人のお客様が増え、中国語を活かすことができるのではないかと思っています。
大学では多くのことにチャレンジできる機会があります。これから大学で学ぶ人には、一歩踏み出す勇気を大事にしてほしい。嫌だと思っていたことも続けるうちに好きになったり、深く追求したい気持ちが生まれることがあります。チャレンジ精神を常に持ち、多くの経験をして、自分の糧にしてほしいと思います。

留学体験記のインデックスページに戻る