留学・国際交流

  1. TOP
  2. 留学・国際交流
  3. 留学体験記
  4. 杉政 卓也さん

杉政 卓也さん

提携校留学

留学先:ディーキン大学付属英語学校(オーストラリア)

子供の頃、父と洋画を観て「かっこよく英語を話せるようになりたい!」と思ったのが英語に興味を持ったきっかけです。
しかし高校までは、英語は好きでしたが苦手でした。それでも「留学したい」という気持ちがあったので、留学制度が整っている愛知文教大学に進学しました。工業高校出身ということもあり、入学当時は周囲との英語力の差を感じましたが、「このままでは留学してもダメだ」と思い、通学途中に英語のCDを聞いたり、海外ドラマを字幕で見たり、洋楽を聞いて書いてみる、など自分なりに工夫をして勉強しました。授業では、自分の発音を録音しネイティブの発音と聞き比べ発音の練習をする授業が役に立ったと思います。先生との距離が近く、思ったことを素直に聞く事ができる環境も自分に合っていました。留学前の準備として、単語や文法など基礎をしっかりと勉強していくこと、また耳を英語に慣れさせることが大切だと思います。
オーストラリアに留学した当初は、なかなかコミュニケーションができず苦労しましたが、毎日の自習と日本人以外の人との積極的なコミュニケーションを続けたところ、3〜4ヶ月過ぎた頃から英単語がスムーズに頭に入るようになり、日常会話には困らなくなりました。留学して一番良かったことは英語に対する「恐怖心」が無くなったことです。4年生になってホテルでインターンシップをした際も、海外のお客様に自然に対応できました。
そしてもう一つの収穫は、海外の友達がたくさんでき、国や文化の違いを知ったこと、日本にいたら気付かなかったことに気付けたことです。留学先で出会ったアジア系の学生の印象は、ニュースなどで知る情報とは少し違っていました。自分に思い込みがあったことがわかり、視野が広がったと思います。上海の友達の家に行き、友達のご両親と会ったのはとても良い思い出です。
また、中国人の友人と東京に行った時に、落とし物を拾ってくれた方に友人が御礼を言い、それを私が通訳をする、とうことがありました。子供の頃憧れていた、「英語をかっこよく話す姿」に近づけたようですごく嬉しかったです。
留学によって、英語力の他にも多くのことを得ました。大学の4年間は長いようで短いです。高校生や今大学で学んでいる人には、留学でも資格取得でも良いので、目標を持って大学生活を過ごしてほしいと思います。

留学体験記のインデックスページに戻る