公開講座

サテライト公開講座

広く小牧を学ぶ、小牧に学ぶ「小牧学」サテライト講座。小牧市在住の講師が、小牧の歴史と、小牧にある食や美術工芸・伝統芸能・教育などの文化を、わかりやすく紹介します。

時間:10:00~11:30 会場:まなび創造館 聴講料:無料
定員:各50名
※4月22日のみ、集合場所は『小牧市役所』、開催時間は9:30~12:00です(雨天決行)
小牧市歴史館の入場料100円が必要です
【お申込み方法】
・お電話又はメールにて申し込み
・お申し込み・お問合せ先: 愛知文教大学事務局
TEL:0568-78-2211
お申し込みはこちらから

 HPからのお申し込みの場合は、「問い合わせ内容」の欄の1行目に「サテライト講座申込」とご記入の上、以下の事項を入力してください。
1.参加ご希望の日程(全回の場合は「全回」と入力してください)
2.ご住所
3.電話番号(日中に連絡がとれる番号でお願いいたします)

サテライト公開講座日程
日程講 師テーマ
4月22日(土)中嶋 隆小牧山城の発掘調査と史跡整備
5月20日(土)入谷 哲夫名古屋コーチン誕生地 小牧
6月10日(土)西川 菊次郎身近な文化財と民間信仰
7月1日(土)栗木 英次歴史街道を歩く
7月22日(土)藤堂 修一明治の入鹿池決壊

愛知文教大学公開講座

愛知文教大学では、地元小牧市や地域の皆様と連携し、本学学問分野の成果を社会に還元し、生涯学習に貢献するため、2009年度より毎年公開講座を開催しています。
2017年度の統一テーマは「異文化理解への招待」。異文化理解・異文化コミュニケーションとは、自分とは異なる相手・理解できない世界と意思疎通しあうことにほかなりません。本学では、多様な異文化を理解し、コミュニケーションをとることができる人材を育成するため、様々な分野の専門家たちによりその実践を行っています。本年度は、「異文化理解への招待」と題し、その一端をご紹介します。
本年度も公開講座を通じ地域の皆様との連携を深めていきたいと考えております。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

【ご案内】
 会場:愛知文教大学 国際交流会館
     〒485-8565 小牧市大草5969-3
     ℡(0568)78-2211 
              ※お問い合わせは事務局までお願いたします。

 ・参 加 費   無料
 ・事前申し込み 不要
 ・開催時間の10分前までに会場にお越しください。
 ・交通アクセス
  本学スクールバスをご利用いただけます。自家用車での来学も可能です。
 ・やむを得ず予定が変わることもございますので予めご了承ください。
 ・スクールバス運行予定および変更のご連絡は本学ホームページでご案内いたし
  ます。
サンプル画像

2017年度前期スケジュール

第1回 4月20日(木 )15:00〜 16:20
「漢詩朗読の魅力~日本語としての訓読と中国語としての音読~」准教授 西口智也


「漢詩」とは、漢文で書かれた詩を意味する日本の言い方であり、中国では一般的に「古詩」と呼ばれています。これらを日本で朗読する場合、日本語による訓読法を用いるのが普通です。この訓読法のおかげで、日本全国の小中高校において、「母語以外の古典語で書かれた異文化の文学作品を“原文”で読む」という、世界的にも極めてまれな授業が実施できているのです。本講座では、中国語による音読も体験し、日本語による朗読だけでは気付けない「漢詩」本来の魅力を知っていただきたいと思います。

第2回 5月18日(木 )15:00〜 16:20
「キモノの中の洋服~上着が下着に、下着が上着に~」専任講師 畠山大二郎


文化はつねに異文化を取り込むことで進化、発展してきました。ファッションも同じように異文化を吸収し消化しながら、新しい文化を生み出してきました。
現在ジューニヒトエ(十二単)と呼ばれている衣服は、中国やシルクロード経由の影響を大きく受けたものであり、日本の民族衣装とされるキモノにも、西洋の影響があちこちに見受けられます。
和服の変遷を辿ることで、和服と洋服との意外な共通点、キモノの奇妙な生い立ちについて探りたいと思います。

第3回 6月15日(木 )15:00〜 16:20
「文字という異文化~特別支援学級の子どもたちから学んだこと~」准教授 中島淑子


文字の存在すら気づいていない特別支援学級の児童がいました。彼にとっては、文字は異文化そのものだったのです。彼が文字を読むことができるようになった過程を通して、どのような子どもたちにとっても、できる喜びが、学習意欲の基本であることを、理解していただけたらと思います。

第4回 7月20日(木 )15:00〜 16:20
「江戸時代の法との対話」准教授 稲垣知子

江戸時代は身分制の時代など、江戸時代が現代とは異なる社会であることは知っているはずなのに、現代の発想で過去の日本や日本人の行動をとらえていませんか。過去の日本社会も外国と同様、異文化世界です。ここでは、幕府の婚姻政策を紐解きながら、尾張7代当主宗春が生涯妻を娶らなかった理由など当時の大名の婚姻事情をみていきます。