学部・学科

  1. TOP
  2. 学部・学科
  3. 教員紹介
  4. 金丸千雪(Chiyuki KANAMARU)

金丸千雪(Chiyuki KANAMARU)

教授 大学院研究科長 国際交流センター長
  • 学位:博士(学術)
  • 略歴:
    MA in Women and Literature(the University of Hull, England)
    北九州市立大学大学院社会システム科博士課程修了
  • 専門分野:近代イギリス文学・文化
  • 研究課題:女性作家の親子関係からの作品解釈

 

研究業績

【著書】
  • 『エリザベス・ギャスケルとイギリス文学の伝統』(共著,大阪教育図書 全384頁,2010)
  • 『メアリー・シェリー研究:「フランケンシュタイン」作家の全体像』(共著,鳳書房 全339頁,2009)
  • 『文学における《愛の位相》―想像力の磁場に―』(共著,東京教学社 全360頁,2004)
  • 『ギャスケル小説の旅』(共著,鳳書房 全292頁,2002)
  • 『ギャスケル文学にみる愛の諸相』(共著,北星堂 全276頁,2002)
  • 『ギャスケルの文学』(共著,英宝社 全308頁,2002)
【論文】
  • 「ヴィクトリア時代の結婚と女子教育:『アダム・ビード』と『従妹フィリス』における娘たち」(『愛知文教大学論叢』第19巻、2016年11月)
  • 「次世代育成のための社会を求めて:「ベッシーの家庭における悩み」における階級・家族」(『没後150年記念、エリザベス・ギャスケル 中・短編小説研究』 日本ギャスケル協会(編) 大阪教育図書 第12章、2015年10月)
  • 「G・エリオットとギャスケルの知的背景:『アダム・ビード』と『ルース』におけるキリスト教思想の比較」(『愛知文教大学比較文化研究』第13巻、2014.11)
  • 「ギャスケルの心的外傷から読む"The Doom of the Griffiths"」(サイコアナリティカル英文学会編『英米文学の精神分析学的考察』第2巻,啓文社,2013.4)
  • 「女性の“身体”を語る:Mary ShellyとElizabeth Gaskellの母親言説」(『愛知文教大学論叢』第15巻,2012.11)
【その他】
  • 「ロミオとジュリエットの純愛:原作とシネマ」(愛知文教大学公開講座、2014.4)
  • 「ジョージ・エリオットと19世紀女性作家」シンポジウム〈ギャスケル担当〉口頭発表(第17回日本ジョージ・エリオット協会全国大会、於:慶應義塾大学日吉キャンパス、2013.12)
  • 「ジェンダー・フリーにつながる社会の課題:今、私たちにできること」(小牧市市民大学こまきみらい塾、於:小牧市まなび創造館、2013.2~3 全5回)
  • 「英語コミュニケーションによる自己実現」(春日井市大学連携講座、於:春日井市ふれあいセンター 2012.1~2 全5回)
【研究テーマ】
  • イギリス19世紀小説、およびフェミニズム文学批評についての研究

2017.4.1現在。

著書に関しては主なものを、その他の業績に関しては直近5年間のみを掲載しております。