就職・進路

  1. TOP
  2. 就職・進路
  3. 内定者の声
  4. 木内 ゆき弥さん

木内 ゆき弥さん

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに内定

成長を実感できた大学生活。これからもチャレンジし続けたい。

人文学部人文学科日本文化専攻
静岡市立商業高等学校卒業

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに内定しました。
就活を始めた当初は何をしたいのかも曖昧でしたが、さまざまな企業を訪問するうちに住宅営業に興味を持ち、ハウスメーカーを志望しました。内定をいただいた株式会社ヤマダ・エスバイエルホームは、独自の技術とデザイン性にとても魅力を感じ第一志望でした。
採用面接では緊張で事前に準備したことをすっかり忘れてしまったのですが、動揺を顔に出さず、面接官の顔をまっすぐ見て、ハキハキ答えたことが好印象だったようです。
大学の4年間で、自分の成長を実感できています。講義で印象深いのは「日本語日本文学演習」です。文学作品を一つ選び、問題提起から結論までをまとめて発表する、という経験を通して、文章力だけでなく課題解決力やプレゼンテーション力などが身についたと感じています。
また、大学進学を期に始めた一人暮らしとアルバイトもとても貴重な経験でした。1人で暮らすことによって計画性や自主性が身につき、親への感謝の気持ちも生まれました。アルバイトは、他大学の学生とも出会う機会となり、友人がたくさんできて、チームワークやリーダーシップを実体験から学ぶことができました。友人達と就活の情報交換をしたり、エントリーシートの書き方を相談したり、励まし合って苦しい時も頑張ることができたと思います。
また、大学のキャリアセンターによく足を運び、アドバイスや情報収集を行ったこと、就職対策講座で面接や自己PRについて学んだことはとても役にたちました。
大学生活を通して、精神的に自立し、強い心を持てるようになったと思います、と同時に先生やキャリアセンターのスタッフの方々、友人など頼れる人がたくさんできたこともよかったと思います。これから進学する人には大学でチャレンジ精神を持っていろいろなことに挑戦してほしいと思います。勉強もアルバイトもクラブ活動も、妥協しないで努力すればこそ、本当の楽しさがわかると実感しているからです。ただ、相談したり頼ったりできる人たちを作ることもとても大切だと思うので、いろいろな場面で人間関係を広げられると良いと思います。

内定者の声インデックスページに戻る