入学試験でチャレンジできる奨学金制度(給付型)

ABU特待生奨学金

一般学力入試(前期)合格者を対象とした奨学金試験制度です。
給付金額定員選抜方法期間
(1)授業料の全額相当78万円
1名
入学試験の選考結果による入学初年度
(2)授業料の半額相当39万円
2名

特別奨学生試験制度

指定校推薦入試合格者を対象とした奨学金試験制度です。
指定校推薦合格者の内、希望者を対象に実施する奨学金試験の成績上位者に支給します。
給付金額定員選抜方法期間
(1)授業料の全額相当78万円
1名
奨学生試験の選考結果による入学初年度
(2)授業料の半額相当39万円
2名

入学後の頑張りが認められる奨学金制度(給付型)

特待生奨学金

学業成績および人物ともに優れている方を対象とする奨学金です。授業料の全額相当(78万円)または一部(平成26年度実績39万円)を給付します。

この他に、学業成績および人物共に優れ、かつ経済的理由により学修困難な場合に、授業料の全額または一部を給付する「経済支援特別制度」もあります。

ABU目標達成型奨学金

ABUポートフォリオで学生自身が定めた目標に対する達成度に応じて奨学金を給付します。語学検定など資格取得の実績や留学、クラブ活動など、一人ひとりの目標達成を応援します。
【給付例】資格試験受験料、留学費用(渡航費等)の補助、など。

大学院特待生奨学金制度

本大学院の入学試験に合格し、学業成績・人物ともに優れ、かつ将来の目的を明確にもって本大学院に入学する学生に対して、奨学金を給付する制度です。

給付金額選抜方法期間
(1)授業料の全額相当62万円入学試験の選考結果による1年間
(2)授業料の半額相当31万円
※給付期間は1年ですが、年度ごとに更新審査を行い、特待生としての基準を満たした成績と判断された場合、次年度も継続されます。
※その他、外国人留学生奨学金制度もあります。

学外機関による奨学金

日本学生支援機構奨学金

独立行政法人日本学生支援機構(旧育英会)の奨学金で、原則最短卒業期まで借り入れ可能です(貸与)。申込みについては毎年4月に説明会をおこない受付します。※返還の必要があります
第一種奨学金[無利息]第二種奨学金[利息付]
募集時期毎年春毎年春
学力基準下記のいずれかに該当する者
【1年次】
  1. 高等学校最終2か年又は専修学校高等課程最終2か年の成績が3.5以上
  2. 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記(1)に準ずると在学学校長から認められる者
【2年次】
  • 大学における学業成績が本人の属する学部(科)の上位1/3以内の者
  1. 出身学校又は大学における学業成績が平均水準以上と認められる者
  2. 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者
  3. 大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
  4. 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記に準ずると認められる者
貸与月額自宅  54,000円
自宅外 64,000円
下記の金額から選択
30,000円 / 50,000円 / 80,000円 / 100,000円 / 120,000円
※奨学金の申込みにあたって(留意点)は日本学生支援機構ホームページをご覧ください。
※「第一種奨学金」と「第ニ種奨学金」の両方の貸与を受けることもできます。
※家計急変等により緊急に奨学金が必要になった場合は、随時、申し込むことができます。
※詳しくは学内掲示板でお知らせします(問い合せ先/大学事務局教学部学生課)。

大学院で奨学金の貸与を希望する方

詳しくは、こちらをご覧ください。

「国の教育ローン」(日本政策金融公庫)

「国の教育ローン」は、大学、高校、短大、専修学校、各種学校や外国の高校、大学等に入学・在学するお子さまをお持ちのご家庭を対象とした公的な融資制度です。
※返金の必要があります
ご融資額学生・生徒お1人につき300万円以内
利率年2.85%(平成23年5月30日現在)
※母子家庭の方の利率は年2.45%
ご返済期間15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方については18年以内)
お使いみち入学金、授業料、教科書代、アパート・マンションの敷金・家賃など
ご返済方法毎月元利均等返済(ボーナス時増額返済も可能です。)
ご利用いただける方等詳しくは、下記までお問い合わせください。
「国の教育ローン」コールセンター 0570-008656(ナビダイヤル) または03(5321)8656

→日本政策金融公庫 国民生活事業「国の教育ローン」ホームページ

学生教育研究災害保険および学研災付帯賠償責任保険

在学中に、正課・学校行事および通学途中等において被る種々の災害に対する救済措置として、日本国際教育支援協会が設けている補償制度に、大学が加入します。