高等学校との交流事業

高大連携レポート

中川商業高等学校での中国語通訳ボランティア

サンプル画像
◆交換留学生たちが中川商業高校の日台学生交流会に中国語通訳として参加しました!

ゴールデンウイーク明けの5月9日月曜日、愛知県立中川商業高校の学生たちと同校の提携校・樹人家事商業職業学校の台湾人生徒との交流会に、北京外国語大学および北京連合大学からの交換留学生4名が通訳として参加しました。
同交流会は、体育館でのウェルカムセレモニーからはじまり、ステージでは両校の学生たちがそれぞれ見事なダンスを披露し、華やかな雰囲気に包まれました。
その後、両校の学生たちは各教室に移動して一緒に授業体験。コンピューター、茶華道、家庭科の授業に分かれ、通訳としてサポートしました。
ランチタイムを終えた頃には、両校の生徒たちはすっかり打ち解けた様子で、本学の交換留学生たちともハイタッチで別れの挨拶をしてくれるほどでした。
このような機会を得て、日本と中国語圏の学生たちの交友に貢献することができ、交換留学生たちにとっても思い出に残る充実した時間になったことと思います。


【参考】
中川商業高校ウェッブサイト内「中川商業高等学校レポート Vol.55」
http://www.nakagawa-ch.aichi-c.ed.jp/report055.html



高大連携レポート

名古屋商業高等学校中国語講座

サンプル画像
11月6日(金)高大連携事業として実施している名古屋商業高等学校での中国語講座で、名古屋商業高等学校の姉妹校である台湾の高雄高級商業職業学校の生徒さんとの交流授業が行われました。両校の生徒さんがグループに分かれて中国語・日本語を教え合い、楽しみながら会話の実践にチャレンジしていました。この日は、生徒さんによる茶道の紹介も行われ、活気あふれる交流が行われていました。



高大連携レポート

愛知商業高等学校中国語研究講座

サンプル画像
10月13日本学提携校である愛知商業高等学校に中国江蘇省教育視察団が訪問され、その中で、高大連携事業として実施している中国語研究講座の受講生との交流が行われました。受講生のみなさんは、講座の説明や自己紹介を中国語で行いました。視察団からお褒めの言葉もいただき、高大連携事業の成果を発揮する交流の場となりました。
一宮商業高等学校と高大連携事業を実施

7月23日(木)24日(金)の2日間、提携校である一宮商業高等学校との高大連携事業が一宮商業高等学校で実施されました。
23日は、英検対策、英会話の授業、24日は、本学で学ぶ、中国、インドネシアからの留学生と外国籍学生 計6名が、高校2年生の生徒さんと英語でのコミュニケーションや、母国(故郷)の紹介を母国語・英語・日本語の3か国語でおこなうなどの国際交流活動をしました。
英会話では各グループとも楽しそうに情報交換をしていました。また、高校生の皆さんは、本学の学生のスピーチに最後まで熱心に耳を傾けてくれました。
そして留学生がそれぞれ母国にちなんだクイズを出したクイズ大会は大いに盛り上がりました!
高校生の皆さんにとっては、楽しく外国語や異文化に触れる時間になったのではないかと思います。学生の皆さんはこの交流のためしっかり準備をしてくれました。初めての高校での国際交流活動は、大変有意義な一日となりました。
  • サンプル画像1
  • サンプル画像2
  • サンプル画像3
  • サンプル画像4
  • サンプル画像5
  • サンプル画像6
  • サンプル画像7
  • サンプル画像8
  • サンプル画像9

出張講義

名古屋市立名古屋商業高等学校国際ビジネス科2年生、3年生を対象とする高大連携事業が6月よりスタートしました。
初回の授業では中国語を選択した3年生が発音の練習に積極的に取り組まれていました。本年度12月まで継続するこの取り組みを通して、高校生のみなさんは「実際に使える中国語」の修得を目指します。



愛知商業高等学校で高大連携出張講義を実施

4月より提携校である愛知商業高等学校で「中国語」の授業を行っています。
受講生の中には本学での「1日大学体験」をきっかけに中国語を選んだ生徒さんもあり、講師の馬先生も再会を喜ばれていました。
中国語は初めての生徒さんたちですが、ジェスチャーを交えての発音練習に積極的に声を出していました。
語学力の向上と異文化について学んでいただくことを目的とし、今年12月まで定期的に出張授業を行っていきます。



2014年度出張講義

名古屋商業高等学校で出張講義を行いました

2月20日(金)名古屋市立名古屋商業高等学校において「英語を学ぶ理由」をテーマに、本学 黒田 敏数先生の授業が実施されました。
国際経済科2年生41名の生徒さんを対象に行われた授業では、黒田先生がご自身のアメリカ留学の体験を紹介し、外国語を学ぶことにより、それまで想像もしなかったことを知り、そこからさらにまた別の世界が見えてくる、自身の可能性を拡げられる、と熱いメッセージが伝えられました。
授業の後半では、「英語ができたらどんなことをしてみたいか?」という改めて考えることが実はあまりない「英語を学ぶ理由」についてそれぞれ熱心に考えてくれました。将来英語を使う仕事がしたい、留学したい、留学するならどの国がいいですか?など生徒さんからの質問も多く、英語を学ぶことによりできること、について楽しく考える充実した時間となりました。
名古屋商業高校国際経済科のみなさん、ありがとうございました!



春日井商業高等学校で出張講義を行いました

2月6日(金)本学提携校の愛知県立春日井商業高等学校において、本学の馬 燕 先生による中国語の出張講義が行われました。
講義には計40名の生徒さんが出席され、近く春日井商業高等学校を訪問する中国の高校生にあてたメッセージカードの作成を行いました。
生徒さんたちは、日本について伝えたいことや、聞いてみたいことなどを自分の言葉で考え、それをどう中国語で表現したらよいか先生に積極的に質問されていました。授業では、本学3年生の陳海珊さんもアシスタントとして生徒さんたちのお手伝いをし、メッセージカードを渡す際の会話の練習なども行って、楽しく実践的な授業となりました。