見出し

学長メッセージ

学長 富田 健弘
 愛知文教大学の教育は、実践英語・実践中国語を身につけることにより、みなさんの興味や関心を広げて「やりたいこと」を見つけ、今は不可能だと思えることを可能にする「逆転力教育」です。

現代の日本社会では、英語、中国語を国際語として、これを流暢に使いこなす人が増えています。それと同時に、異文化間での交流はますます盛んとなり、日本文化を世界へ向けて発信する能力が問われる時代となりました。
このような時代の変化に対応し、本学では、コミュニケーション・ツールとして「実際に使える語学」を学びます。
「聞く・話す」に重点を置いたカリキュラムと、少人数教育、そして常駐のティーチング・アシスタントや国際日本コースの留学生との交流の中で無理なく実践的に語学が学べます。
さらに、アジア英語研修や海外提携校留学を通し、語学力に加えて、社会で求められる自主性、多様な文化を理解する力、自ら行動する力を身につけます。

そして本学のもう一つの特色は、日本文化を体験する「道プログラム」です。グローバル化が進む今こそ、武道、茶道、香道、歌舞伎などの伝統芸能や、歴史・文学を学んで、日本を知り、世界を知る必要があります。さらに、日本文化専攻では、歴史・文学など幅広く日本について学ぶことができます。母国の文化を学ぶことにより、世界が身近になった今こそ必要な「日本人としてのアイデンティティ」を養います。

愛知文教大学の「逆転力教育」でみなさんの可能性を広げてください。


2015年4月1日