卒業生紹介

橋ヶ谷 あゆみさん
藤枝順心高等学校教員
橋ヶ谷 あゆみさん / [静岡県]藤枝順心高等学校出身
日本文化専攻 2013年3月卒業

生徒に夢を与えられる、生徒から信頼される教師に。

生徒から教わることがたくさんある。
大学を卒業し、教職に就いて今年で2年目。自分自身も卒業した地元の母校で、国語の教員をしています。
授業では、生徒数十名に対して、教師は一人だけ。当たり前のことですが、全員がしっかり理解できる授業をしたいと思う一方で、それぞれの捉え方や受け止め方の違いに戸惑うこともあります。思い描くようにはいきませんが、こうした日々の葛藤こそ、自分を成長させてくれるもの。生徒を指導する立場でありながら、生徒から多くのことを学んでいるのだと実感しています。

必死に努力した大学時代を、糧にして。
授業の運営や学級経営については、大学在学中に学んだことがとても役立っています。当時いただいたプリント類はすべてファイリングして、職員室のデスクに常備。困った時にいつでも参考にできるよう、大切に保管しています。
教員採用試験に向けて勉強に追われていた頃は、心が何度も折れそうに。それでも、同じ志を持つ仲間に励まされ、熱心な先生方に支えられて、乗り越えることができました。試験の前日に、先生が「自分らしく、ありのままでいけばいい」とメールを送ってくださったことも忘れられません。これまで出会った素晴らしい先生方を目標に、多くの生徒に夢を与えられる教師になりたいと思います。

船越 貴久さん
桜丘高等学校教員
船越 貴久さん / [愛知県]大同工業大学大同高等学校出身(現校名大同大学大同高等学校)
日本文化専攻 2012年3月卒業

自分のクラスを作ることに、今あるすべての力を注ぎたい。

これまで出会った尊敬する先生のように。
教師になりたいと思ったのは、高校生の時でした。当時、野球選手になることをめざしていたのですが、その道を諦めなければならないほどの怪我をしてしまって… 。なかなか立ち直れず、学校に行くことさえできなくなってしまったのです。そんな僕に、高校へもう一度通う決心をさせてくれたのが、先生方でした。教師になるためには、大学で猛勉強しなければと思い、選んだのが愛知文教大学。どの先生も学生のために尽くしてくださり、心を許せる仲間のような間柄に。学ぶ楽しさを教えてくださったのも、大学で出会った先生方でした。

クラス担任として、国語教師として、さらに上へ。
今年の春からは、クラス担任になります。これまで副担任として学んだことを、自分のクラスづくりに活かす1年です。
最初は失敗が多いかもしれません。けれど、失敗こそ学びの時。何事にも果敢に挑んで、強くなりたいと思っています。また、国語教師として、国語の面白さを伝えることも課題です。生徒は何を求めているか、学生に何を学ばせたいかなど、どこに重点を置くべきかを自問自答しているところです。
今はまだ試練の日々ですが、僕を教師という仕事に導いてくださった先生方には心から感謝しています。「全力でやる人の周りには応援してくれる人が集まる」と信じて、これからも走り続けたいと思います。