大学院 国際文化研究科

大学院
さらなる学びを経て、未来の文化研究を担う人材になろう。

学びの特色

本研究科では、英米文化、中国文化、日本文化の3つの領域が学べます。
学会発表まで視野に入れ、高度な研究に取り組みます。
また、海外からの留学生を多く受け入れており、学内での異文化交流も盛んです。
研究指導
大学院では随時、担当指導教員が学修研究指導を行います。履修科目の認定から修士論文の作成、さらには全国規模の学会発表を見据えた論文作成まで、高い研究能力を伸ばします。
言語文化研究
言語文化についての理解を深めるため、実際に文献を用いて読解力を磨く研究科目です。
選択した主専攻領域に合わせて英米語、中国語、日本語の文献を採用。演習形式で学びます。
関連科目
専攻領域外の学修を通して、幅広い専門知識を得ることを目的としています。アジアの伝統文化の理解と比較文化的な視点を養うため、日本文化論および比較文学・文化論は必修です。
言語文化特殊研究
文献読解力を養うという点では言語文化研究と同じですが、複数の文化領域にわたる言語文化を視野に入れて研究を推進することが本科目の目的。専門性を高め、研究の充実を図ります。

研究科長メッセージ

 高度に情報化が進み、地球規模での国際化が進んでいる現在社会においては、より高度な専門知識とコミュニケーション能力が求められています。本大学院は、このような現代の社会的要請に対応するために、総合的な教養に裏づけされた言語研究と文化的な側面からの研究を中心とするカリキュラムを展開しています。三つのブログラム、中国語圏、英語圏、日本という領域が用意されており、学生はそのいずれかの領域を専攻します。
外国文学や古典文学と向き合うことはある意味、異次元に生きることで、日常とは別種の濃密な時間を過ごすことです。人間とは何か、人生とは何かをめぐって、様々な枠組みをはずした精神の冒険が文学の領域で積み重ねられてきました。それに応じてはじめて、グロバーリゼーションは大きな意味を持ってくるのです。
現代という時代に生きるために必要な、豊かな国際感覚と、複雑な時代に自ら考えるための知識と問題解決能力を身に付けた人材を育成するのが、本学大学院の目的となっています。研究指導教員が常時サポートしており、学生個人の特性に応じた丁寧親切な指導をしています。大学院担当教員全員のバックアップもあり、毎年興味深い論文が書かれています。
なお、二年間在学して、所定の単位を修得し、修士論文の審査と口頭試問に合格すると修了となり、修士(学術)の学位が授与されます。

修士論文テーマ(2016年度)

・『詩経・陳風』から見る女性像
・蔡元培の職業教育思想研究
・『論語』をめぐって「自己修養」を論じる
・ベトナムにおける日本語教育-ホーチミン市における5大学の場合-
・日本語表記におけるカタカナの役割 -新聞折り込みチラシを資料として-
・コミュニケーションのための異文化理解 -A Rose for Emilyを中心に-
・Elizabeth Gaskell's Observation in Victorian Society ―An analysis of the characters' moral identity in Ruth
・魯迅の『阿Q正伝』:「阿Q精神」の現実意義
・「満州時代」の溥儀の心理状態について研究

修了生の声

見出し

サンプル画像
2016年3月修了 陳 邦叙 さん

 将来日本で仕事をしたいという希望を持って、私は4年前、日本に来ました。卒業前の一年間の努力が実り、現在中部国際空港でグランドスタッフとして働いています。振り返れば、1年前の私は、まったく就活の素人でした。なにから始めればいいのかすら分からない私は、大学のキャリアセンターの先生から助言をいただき、はじめて名古屋にある外国人雇用サービスセンターを通うことになりました。それから、就活に関するゼミナールに参加し、履歴書の書き方や、面接でのマナーなどの知識を身につけました。修士論文作成やアルバイトをしながらの就職活動は大変で、挫けそうになった時期もありましたが、指導教授からの「失敗するのは必ずしも悪いこととは限らない、自信を持って頑張ってください」という言葉に励まされ、諦めることなく頑張ることができました。そして、もう一度自分を分析し、自分に合う仕事を探して、私の強みである語学力を活かせる空港での仕事に就くことができました。
 就職活動の間には挫折感を感じたこともありましたが、先生や友人たちのおかげで困難を乗り越えらることができました。これからも、今まで鍛えてきた言語能力やコミュニケーション能力を活かして、もっと大きな夢を実現できるように頑張っていきたいと思います。

大学院修了後の進路

・英米学、中国学、日本学、あるいは比較文化学の研究者など
・種々の調査研究機関で文献の取扱いを専門にする機関など
・企業及び報道機関などで英米社会・中国社会・日本社会の伝統と文化に深く関わる機関など
・官公庁の国際部門や文化部門、NPO、種々の調査機関など