黒田彰子(Akiko KURODA)

教授 図書館長

学位: 博士(日本文学)
略歴:
 奈良女子大学大学院文学研究科修士課程修了
 神戸女子大学大学院文学研究科博士課程修了
専門分野: 日本古典文学・国語教育・書道教育
研究課題: 歌学史・歌論史・表現論
黒田彰子

研究業績

【著書】
 ・ 『頼政集新注中』(共著、青簡舎、2014.10)
 ・ 『古今和歌六帖の本文と享受に関する総合的研究』
    (科学研究費研究成果報告書,2014.3)
 ・ 『頼政集注釈上』(共著,青蕑舎,2011.11)
 ・ 『頼政集本文集成』(共著,青蕑社,2009)
 ・ 『五代集歌枕』(みずほ出版,2006)
 ・ 『仏教文学概説』(共著,和泉書院,2004)
 ・ 『俊成論のために』(和泉書院,2003)
 ・ 『中世和歌論攷―和歌と説話と―』(和泉書院,1997)
 ・ 『上野本和歌色葉』(和泉書院,1985)

【論文】
  ・ 「和歌童蒙抄輪読十四」 (共著,『文藝論叢』84号,2015.3)
  ・ 「和歌童蒙抄輪読十三」(共著,『愛知文教大学論叢』17号,2014.11)
  ・ 「和歌童蒙抄輪読十二」 (共著,『文藝論叢』83号,2014. 10)
  ・ 「和歌童蒙抄輪読十一」 (共著,『文藝論叢』82号,2014.3)
  ・ 「和歌童蒙抄輪読十」 (共著,『愛知文教大学論叢』第16巻,2013.11)
  ・ 「和歌童蒙抄輪読九」 (共著,『文藝論叢』81,2013.10)
  ・ 「和歌童蒙抄輪読八」 (共著,『愛知文教大学論叢』第15巻,2012.11)
  ・ 「広本古今六帖考」 (『愛知文教大学比較文化研究』第12号,2012.11)
  ・ 「口伝和歌釈抄研究三」(共著,口伝和歌釈抄研究会,2012.3)
  ・ 「古今和歌六帖伝本に関する覚書」(平成23年度科学研究費補助金基盤研究(C)
     成果報告書『古今和歌六帖研究Ⅱ』2012.3.31)
  ・ 「和歌童蒙抄輪読七」(共著,『愛知文教大学論叢』第14巻,2011.11)
  ・ 「和歌童蒙抄はいかなる歌学書か」(『和歌文学研究』102,2011.6)
  ・ 「口伝和歌釈抄研究二」(共著,口伝和歌釈抄研究会,2011.3)
  ・ 「古今和歌六帖伝本に関する覚書」(平成23年度科学研究費補助金基盤研究(C)
     成果報告書『古今和歌六帖研究Ⅰ』2011.3)

【その他】
  ・ 「日本の文字」2〈伊那西高等学校、2014、10〉
  ・ 「日本の文字」1〈伊那西高等学校、2014、9〉
  ・ 「和歌を読む」(小牧市民大学講座,於:小牧市公民館,2014.7)
  ・ 「新古今和歌集-うたをよむこころ-」
     (愛知文教大学公開講座,於:愛知文教大学、2014.6)
  ・ 「日本の文字・変体仮名を読もう」
     (高大連携出張授業,於:伊那西高等学校2014.9・10)
  ・ 『用語集』(共著,愛知文教大学教職課程研究センター編,2012.11)
  ・ 『教育実習テキスト』(共著,愛知文教大学教職課程研究センター編,2010.3)
  ・ 2015~2017年度科学研究費補助金基盤研究(C)
    「奥義抄及び新出歌学書の本文研究と、平安末期歌学史の再構築」
     課題番号15K02230、研究代表者.
  ・ 2010~2013年度科学研究費補助金基盤研究(C)
    「古今和歌六帖の本文と享受に関する総合的研究」
     課題番号22520209,研究代表者.

【研究資金獲得状況】
  ・ 2010~2013年度科学研究費補助金基盤研究(C)
    「古今和歌六帖の本文と享受に関する総合的研究」課題番号22520209,研究代表者

【研究テーマ】
  ・ 和歌はどうやって詠むのか,良い和歌とはどういうものか,和歌を詠むために何を学べばいいのか,そういうことを研究しています.すると,和歌を詠むためには,伊勢物語,源               氏物語などの物語や,蜻蛉日記,更級日記といった日記作品,また説話など,あらゆるジャンルの作品,それから,中国文学,そういったものを総合的に学ばねばならないことがわかります.そうした文学的蓄積が,和歌という,結晶のような短詩系文学に変成してゆく,その面白さが研究のモチベーションです.

2015.4.1現在。
著書に関しては主なものを、その他の業績に関しては直近5年間のみを掲載しております。