黒田敏数(Toshikazu KURODA)

専任講師

学位: Ph.D. (Psychology)
略歴: ウェストバージニア大学心理学行動分析学科博士課程修了
専門分野: 行動分析学
研究課題: Response-reinforcer relation, punishment, stimulus control, relapse
黒田敏数

研究業績

【論文】
 ・ 「Resistance to change and resurgence in humans engaging in a computer task」(『Behavioural Processes』第125巻, 2016)
 ・ 「Signal functions in delayed discriminative stimulus control by reinforcement sources」(『Journal of the Experimental Analysis of Behavior』第101巻3号, 2014)
 ・ 「An analysis of an autoclitic analogue in pigeons」 (共著,『The Analysis of Verbal Behavior』第30巻2号, 2014)
 ・ 「教育心理学的研究法の現場への応用 ―学習活動の成果の検証について―」(『愛知文教大学論叢』第16巻、2013.11)
 ・ 「教育心理学におけるオペラント条件づけの位置付け ―教育現場での有効活用のために―」(『愛知文教大学教育研究』第4号,2013.6)
 ・  “Combinations of response-reinforcer relations in periodic and aperiodic schedules”(共著,『Journal of the Experimental Analysis of Behavior』,第99巻,2013)

【その他】
・ 連携研究(於:公益財団法人日本モンキーセンター、2016.2~現在) 
・ 出張授業(於:岐阜県立大垣養老高等学校、2014.10)

【学会口頭発表】
 ・ “Relative effects of reinforcement and punishment in human choice” (共同,Association for Behavior Analysis International,2015)
・ “ヒトの選択反応における正の強化と正の罰の相対的効果” (共同,日本行動分析学会第33回年次大会,2015)
・ “米国におけるスキナー以後の行動分析学”(共同,日本行動分析学会第33回年次大会,2015)
・ 「ハトのオートクリティック類似反応―私的出来事からの脱却―」(常磐大学,2014.9)
 ・ 「ハトのオートクリティック類似反応 ―信号検出と確率価値割引の数理モデルとの関連性―」(行動数理研究会,2014.9)
 ・  “Discriminative effects of the response-reinforcer relation with signaled delays”(共同,Association for Behavior Analysis, 2012)
 ・ “Verbal behavior-like processes in pigeons: Examinations of the autoclitic in matching-to-sample procedures”(共同,Association for Behavior Analysis,2011)
 ・  “Effects of the disruption in correlation under a variant of correlated reinforcement schedule”(共同,Association for Behavior Analysis,2010)
 ・ “An experimental analysis of jackpotting under a fixed-interval schedule”(共同,Association for Behavior Analysis,2009)

【研究資金獲得状況】
 ・ 科研費 若手研究(B)(2016~2018)
・ Association for Behavior Analysis International Verbal Behavior SIG (2011)

【研究テーマ】
 ・ Experimental analysis of behavior (オペラント条件づけの基礎研究)
   (1) Response-reinforcer relation (反応と強化子の関係)
   (2) Punishment (罰)
   (3) Stimulus control (刺激性制御)
   (4) Relapse (消去された反応の再出現)
 ・ 行動原理の実用化

2016.4.1現在。
著書に関しては主なものを、その他の業績に関しては直近5年間のみを掲載しております。