見出し

学部・大学院について

人文学部人文学科

不可能を可能にする「逆転力教育」

 愛知文教大学の教育は、実践英語・実践中国語を身につけることにより、「やりたいこと」を見つけ、今は不可能だと思えることを可能にする「逆転力教育」です。

グローバル化の進む現代社会では、異文化間での交流はますます盛んとなり、外国語運用能力と世界へ向けて発信する能力が求められます。このような時代の変化に対応し、本学では、コミュニケーション・ツールとして「実際に使える語学」を学びます。
「聞く・話す」に重点を置いたカリキュラムと、少人数教育、そして常駐のティーチング・アシスタントや国際日本コースの留学生との交流の中で実践的に語学が学べます。さらにアジア英語研修や海外提携校留学などの体験を通して、自主性、多様な文化を理解する力、自ら行動する力を身につけます。

そして本学のもう一つの特色は、日本文化を体験する「道プログラム」です。グローバル化が進む今こそ、武道、茶道、香道、歌舞伎などの伝統芸能や、歴史・文学を学んで、日本を知り、世界を知る必要があります。さらに、日本文化専攻では、歴史・文学など幅広く日本について学ぶことができます。母国の文化を学ぶことにより、世界が身近になった今こそ必要な「日本人としてのアイデンティティ」を養うことが「世界」を理解することに繋がります。

逆転力教育のポイント

サンプル画像1
社会から求められる力=逆転力

社会で活躍できる人材になるためには、「自己実現力」「日本人基礎力」「社会人基礎力」「学士基礎力」の4つの力を身につける必要があると考えています。
それらの力こそが、愛知文教大学の考える「社会から求められる力」です。
それらを複合的に合わせ持ち、自分自身で現状からの逆転を可能にするチカラを「逆転力」と呼んでいます。
サンプル画像2
多彩なカリキュラム

人文学部人文学科では、教育目的を達成し学位を授与するために、言語による自己表現力や社会人基礎力、そして日本の伝統文化の理解を重視する教養教育と、「グローバル英語プログラム」、「中国語・中国文化プログラム」、「教員養成プログラム」という教育プログラムを中心とした多彩なカリキュラムを編成しています。

大学院

国際文化研究科

大学院
さらなる学びを経て、未来の文化研究を担う人材になろう。
本研究科では、英米文化、中国文化、日本文化の3つの領域が学べます。
学会発表まで視野に入れ、高度な研究に取り組みます。

→ 大学院 国際文化研究科

教員紹介

教員
学びのプロフェッショナルが勢揃い。
常に学び続ける教員陣が、一人ひとりを目標へと導きます。

→教員紹介 教員紹介