大学の学びの集大成

アカデミアゼミは、大学の学びの集大成ともいえる「卒業研究」を行うゼミ。
「英語・英文学」「中国語・中学文学」「日本文化」「教職」「教養」の5つのゼミグループに分け、それぞれのグループの中に数多くのゼミが開講されてます。
「アカデミアゼミ」では「卒業研究」として、特定のテーマについての知識を身につけ、研究を進めていき、その成果として「卒業論文」の作成を行ないます。
卒業研究や卒業論文の作成は、知識を得るだけでなく論理的思考や独創性などを養うものであり、大学での学びの成果を形として残すことができます。また、就職活動においては卒業研究や卒業論文についての質問がある場合もあり、自らのキャリア形成にも役立ちます。

ゼミグループとテーマ

英語・英文学

 英語で読む文学作品
 Using Corpus to Improve vocabulary in English for Specific Purposes
 Examining student interaction to improve communication skills
 文学作品を通して見えるアメリカ社会を考察する
 英語指導法の研究


中国語・中国文学

 表象文化研究:作り手・受け手の‘思い’を探る。
 中日翻译技巧研究
 中国語教授法研究


日本文化

 国語科教育の在り方
 日本近世史~江戸時代の制度研究~
 日本の近現代文学研究
 『源氏物語』などの平安文学作品を輪読し、各自の問題テーマに沿った発表を行う
教職

 教育問題の社会学(子ども・若者文化の社会学 ※人間関係論も含む)
 生徒が意欲的に取り組むことのできる学習指導法の研究
教養

 インド宗教思想の研究
 ドイツゼミナール
 行動についてのより深い理解
 経営におけるスピードの重要性を探る
 コンピュータ言語を用いた開発
 ことばの科学


※ 記載されているゼミのテーマは2017年度の例です。
※ 2年間同じテーマについて研究を進めます。