教職課程研究センター

教職授業風景2014.7.15
愛知文教大学教職課程研究センターでは、本学教職課程の充実はもちろんのこと、教職志望の学生諸君のサポート、教育を取り巻く諸問題や新しい教育課題のリサーチと情報発信、地域との連携のプランニングと実践をおこないます。地域とともに、教育の現場とともに、愛知文教大学独自の教員養成を創造してゆきます。

平成27年度教員免許状講習

サンプル画像
本年度の教員免許状更新講習を8月に実施しました。
来年度から必修領域が、必修領域と選択必修領域とに分割される制度改正がなされたため、2日間の必修は本年が最後となりました。

本学の必修領域は、以前から一方的な講義形式ではなく、受講者の活動を伴う多様な学習形態を体験してもらうものです。
ペアやグループ、コの字などを体験してもらいながら、経験者にこそ必要な子どもたちの立場に思いをはせます。
問題を解き、相談し、結果をどう既有の知識に位置づけるか、知的で能動的な学びの楽しい2日間となりました。

選択1は、改装なった201教室を使って行われました。
話題のアクティブ・ラーニングをテーマに、「活動あって学びなし」に陥らないために、原理から実際の授業記録やビデオの視聴まで、アクティブ・ラーニングの手法で行われた2日間でした。

選択2では国語科の教材研究、選択3では英語GDM入門を行いました。
特に、今年度から始まった英語では、日本語を介しない英語指導を、学校で実践する方法を学びました。

来年度も本学らしい、特徴のある更新講習を計画しています。