教員免許更新講習

  1. TOP
  2. 教員免許更新講習
  3. 平成30年度教員免許状更新講習一覧

平成30年度教員免許状更新講習一覧

講習コード A01
領域 必修
講習の名称 授業づくり・学校づくりに活かす教育の最新事情
講習の概要  「教職についての省察」「子どもの変化についての理解」「教育政策の動向について」「学校の内外における連携協力についての理解」の4つの事項について、更新講習にふさわしい日常の授業改善にも通じる、主体的・対話的で深い学びをもたらす方法(アクティブ・ラーニングなど)を用いて、教員に求められる最新の知識・技能の習得と今日的な教育課題についての理解を深めます。
担当講師 副島 孝(人文学部特任教授)
中島 淑子(人文学部教授)
竹中 烈(人文学部専任講師)
時間数 6時間
講習の期間 平成30年8月9日(木)
受講料 6,000円
募集人数 80名
講習コード B01
領域 選択必修
講習の名称 学ぶ力をつけるためのキャリア教育
講習の概要 いわゆる進路学習としてのキャリア教育ではなく、真に生きる力を身につけるためには、どのような日頃の授業実践が必要かを考えます。受け身の授業では身につかない能力を、子どもたちのものとするには、幼小中高を通じてどのような授業体験が必要かについて、受講者自身の授業体験をもとに学びあいます。
担当講師 副島 孝(人文学部特任教授)
時間数 6時間
講習の期間 平成30年8月10日(金)
主な受講対象者
(学校種)
幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校
免許職種・教科等・職務経歴等 特定しない
受講料 6,000円
募集人数 40名
講習コード B02
領域 選択必修
講習の名称 不登校を取り巻く状況
講習の概要 不登校状態にある児童や生徒が置かれている現況を概説し、オルタナティブ教育の実践例や学校外の不登校生の居場所に在籍する子どもや保護者の思いなどを紹介します。そういった学びを通して、学校教育実践(特に生徒指導)において、どのような対応が可能か、受講者の現場経験もふまえながら学び合う機会とします。
担当講師 竹中 烈(人文学部専任講師)
時間数 6時間
講習の期間 平成30年8月10日(金)
主な受講対象者
(学校種)
幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校
免許職種・教科等・職務経歴等 特定しない
受講料 6,000円
募集人数 40名
講習コード
C01
領域 選択
講習の名称
学び合いの授業づくり
講習の概要
学び合いの授業をどのように考え、どう創るとよいかを考えます。そこでこの講習では国語の授業を例として、文学的文章と説明的文章(評論文)の取り扱い方のちがいを検討します。学び合いの授業実践ビデオを視聴し、グループ討議を行うなど学び合いの授業づくりを具体的に学びます。
担当講師
倉知 雪春(人文学部非常勤講師)
時間数
12時間
講習の期間 平成30年8月20日(月)
対象職種 教諭(養護教諭・栄養教諭を除く)
主な受講対象者 学び合い授業をめざす教諭
受講料
12,000円
募集人数
40名
講習コード
C02
領域 選択
講習の名称
主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の実現
講習の概要
一方的な説明や練習に終始する授業から脱却する主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)が求められており、教科学習だけでなく、全ての学習指導において実現されなければなりません。そこで本講習では、児童・生徒が真に主体的に学ぶ授業を実現するためにはどのような手法と授業観・学習観が必要かを、実際に共同の学びの手法を使いながら学びます。また、学び手が主体的に活動し追究する授業の具体例として、授業ビデオや逐語記録を検討し合います。
担当講師
副島 孝(人文学部特任教授)
水野 正朗(人文学部非常勤講師)
時間数
12時間
講習の期間 平成30年8月21日(火)~8月22日(水)
対象職種 教諭・養護教諭・栄養教諭
主な受講対象者 全教員
受講料
12,000円
募集人数
40名
 
講習コード
C03
領域 選択
講習の名称
日本語を使わないで英語を教えるGDM入門
講習の概要
「英語で授業を」やアクティブ・ラーニングの授業が求められています。日本語訳や説明をしないGDM(Graded Direct Method)を活用すると、学習者一人ひとりが目の前の場面を英語で発言していくなかで(対話的)、意味や使い方を自分でわかろう(主体的)とする深い学びの授業となります。生徒の立場でGDMの授業を体験し、その理論を理解することから言語学習の本質を知り、授業改善の方法を学ぶことができます
担当講師
松浦克己(人文学部非常勤講師)
時間数
12時間
講習の期間 平成30年8月21日(火)~8月22日(水)
対象職種
教諭(養護教諭・栄養教諭を除く)
主な受講対象者
英語科教員、または、英語教育に興味・関心を持つ教員
受講料
12,000円
募集人数
40名
 
講習コード
C04
領域 選択
講習の名称
わかることの意味を考える
講習の概要
学習において、様々な誤答があります。教師が当たり前と見過ごしている事がらの中にも誤答の原因があります。本講習では例として算数の長さの授業の記録を読み解くことから誤答の原因を探ります。算数の誤答の原因は理解が十分でないことや、練習不足と考えられがちですが、それだけではなく、それまでの生活経験や、学習経験も影響しています。子どもたちの生活経験や学習経験、心理学の視点を通して、分からなさを解決する方法は、あらゆる指導に共通します。
担当講師
中島淑子(人文学部教授)
時間数
6時間
講習の期間 平成30年8月20日(月)
対象職種
教諭、養護教諭、栄養教諭
主な受講対象者
子どもの心についての理解を深めたいとする教諭
受講料
6,000円
募集人数
40名