就職・進路

  1. TOP
  2. 就職・進路
  3. 内定者の声
  4. 綾香 貴文さん

綾香 貴文さん

三井ホーム株式会社に内定

自分の「好き」を見つけて、希望の就職を実現

人文学部人文学科日本文化専攻
長崎日本大学高等学校卒業

三井ホーム株式会社に内定しました。
住宅メーカーを志望した理由は、「自分自身が心から好きなものを売りたい」と考えたからです。私は1年生の時からキャリアセンターに足を運び、就職の相談をしていました。いろいろとアドバイスを受けるうちにまず営業職に職種を絞りました。そして、インターンシップなどの経験を通して最終的に住宅業界に目標を絞り、モデルハウスに足を運ぶなど実際に自分の目で確かめ、自分が心から好き、と思える商品を提供している会社を志望しました。
この「好き」という気持ちがぶれなかったので、私にとって面接は楽しい時間でした。面接で質問に答えると、それに対して面接担当者からさらに詳しいお話を聞くことができ、好きな事についての知識が広がっていったからです。業界研究もしましたが、就職活動を通して多くの知識を得ることができました。本当に就きたい職業を見つけるため、就職活動を行う前にしっかりと自分に向き合い、真っ直ぐな気持ちで活動したことが内定獲得に繋がったと思います。
今振り返えると、そうなれたのは1年生の時から就職を意識していたからだと思います。アルバイトも自分の将来と重ね合わせて選びましたし、人としての成長を大学生活の目標としていたので、ボランティアも体験しました。その中での幅広い世代の方と触れ合いが自分にとってとても大きな経験となりました。また、早い時期からよくキャリアセンターを尋ねていたことも良かったと思います。キャリアセンターの先生は、いつも迅速に親身に対応してくださり、活動中の不安な気持ちに寄り添ってくださいました。最終的に受験する企業を選ぶ時も先生のアドバイスがとても役にたちました。
そして大学から紹介されたインターンシップにも積極的に参加しました。まだ志望が固まらないうちはさまざまな業種を体験したいと思い、住宅メーカー、スポーツメーカー、ホテルでのインターンシップに参加しましたが、それぞれに得るところがあり、多くの人との出会いの中で心に残る体験をしました。
人生の中でも大きな決断である就職活動では、辛く苦しい時もあります。私がそれを乗り越えられたのは周囲の温かいサポートに支えられたからでもあります。これから就職活動をする皆さんにも、自分をしっかり見つめ目標に向かって積極的に行動し、周囲の人の力も借りながら、自分らしく輝いてほしいと思います。

内定者の声インデックスページに戻る