地域連携・社会貢献

  1. TOP
  2. 地域連携・社会貢献
  3. サテライトカレッジ・公開講座

サテライトカレッジ・公開講座

2022年度 サテライトカレッジ 春講座・夏講座

各講座のお申し込みは、ポスターをクリックしてください。お申込みフォームが表示されます。
なお、7月11日からはじまる「サテライトカレッジ 夏講座」は、5月9日 9:30~ 募集を開始します。

2022年度 愛知文教大学 公開講座

大変好評をいただいた「見て知る源氏物語-姫君の装束-」に続き、今回は「源氏物語の男性装束」を開講いたします。また、この夏講座では「『尾張名所図会』で読む江戸時代の音楽」を新規開講します。
本講座では、『尾張名所図会』などの絵画資料を起点として江戸時代の尾張・名古屋の音楽事情について読み解きます。
各講座のお申し込みは、ポスターをクリックしてください。お申込みフォームが表示されます。
※ 公開講座の募集は5月9日 9:30~ となります。

※ 受講当日は筆記用具をご持参願います。(レンタル用はご用意しておりません)

開講日時 : 7月11日(月) 15:30 ~ 17:00

江戸時代には、各地の名所・名物を絵入りで紹介した「名所図会」と呼ばれる本が大人気を博しました。もちろん尾張をテーマとした『尾張名所図会』もあります。 『尾張名所図会』には名所・名物とあわせて当時の尾張・名古屋のにぎわいが描かれ、その中には楽器を持った人々も描かれています。 この講座では、こうした絵画資料を起点として江戸時代の尾張・名古屋の音楽事情を読み解きます。

【講師紹介】
内田 吉哉(うちだ・よしや)
愛知文教大学准教授・地域連携センター長〔 博士(文学) 関西大学 〕
著書:
『新発見 豊臣期大坂図屏風』(共著 高橋隆博 編、清文堂出版 2016年)
『日本と世界のくらし どこが同じ?どこがちがう?』(共著 日高真吾 監修、汐文社 2017年) 他

開講日時 : 9月12日(月) 15:30~17:00

「源氏物語」の主人公、光源氏はどのようなファッションに身を包んでいたのでしょうか。
「源氏物語」の場面から装束を読み解き、装束を実際にお見せいたします。ぜひ、装束を身近に見て、王朝貴族の世界を身近に感じてください。
今回は夏用の装束について取り上げ、装束をモデルに着付けながら解説いたします。

【講師紹介】
畠山 大二郎(はたけやま・だいじろう)
愛知文教大学准教授〔 博士(文学) 國學院大學 〕
國學院大學兼任講師、フェリス女学院大学非常勤講師、名古屋造形大学非常勤講師
著書:
『平安の文学と装束』(新典社 2016年 第5回池田亀鑑賞)
『新しく古文を読む-語と表象からのアプローチ』(共著、右文書院 2019年) 他

《ご注意ください》
◆ネットのお申込みにて申込は完了のため、本学より郵送での通知等はございません。
◆ 受講のキャンセルについて

ネット決済システムを利用して複数日の講座にお申し込み後に欠席・キャンセルした際には個別にご対応させていただきます。
なお、クレジットカード以外の方法で代金決済した場合、振込手数料はお申込者のご負担となります。
また、お申し込み終了後のキャンセルの場合、所定の手数料が発生しますので予めご了承ください

◆ 受講人数について

その場合は個別にご連絡をさせていただきますので、メールまたは連絡先をお間違えないよう入力してください。
連絡が取れない場合、申し訳ありませんが自動的にキャンセルさせていただきますので、あしからずご了承ください。

《講座開催について》
◆ 講座受講の方用の駐車場はご用意しておりません。会場地下または近隣の駐車場をご利用ください。
◆ 新型コロナウィルス感染防止のため積極的な換気を行います。室温調整が困難になること予想されますので調整可能な衣服でご来場ください。
◆ 筆記用具の貸し出しはしておりません。各自でご用意をお願いします。
◆ 次の場合は講座を中止する場合がありますので、予めご了承ください。
◇ 政府または愛知県により「緊急事態宣言」あるいは「県をまたぐ移動制限」等が発出された場合。
◇ 講師(演奏者)、受講者の中に新型コロナウィルス感染症に感染した者、または濃厚接触者を確認した場合。
◇ 本学教職員及びその家族・関係者の中に新型コロナウィルス感染症に感染した者、または濃厚接触者を確認した場合。
◇ その他、講座を開講することにより感染症の感染拡大の恐れがあると本学または会場(愛知芸術文化センター)が判断した場合。