学部・学科

  1. TOP
  2. 学部・学科
  3. カリキュラム
  4. グローバル英語プログラム

グローバル英語プログラム

"コミュニケーションのための英語"を、いちから学び直す。

実社会での英語力のレベルを示す1つの基準がTOEICのスコアです。そこで本学では、さまざまな場面に対応できる実用的な英語力と履歴書に自信を持って書けるスコアTOEIC650点の達成を目指し、4年間の中で計画的に英語力を育みます。基礎を固める必修英語基盤教育に始まりTOEICレベル別4技能学習、英語を用いた学びを体験するAdvanced Englishなど基礎から実践に向かって、聞く・話す・読む・書く力を総合的に伸ばすカリキュラムを用意しています。

必修英語基盤教育

"コミュニケーションのための英語"のベースを築く!

中学高校の英語学習は、主に文法の暗記や例文の暗唱が中心に行われます。
しかし本来英語とは、人と人がつながるための生きた言語です。
そのため本学では初めに、高校までに学習した英語を"コミュニケーションのための英語"という視点で学び直します。
英語によって相手の意見や気持ちが理解でき、自分の考えや想いが伝えられるようになれば、英語はあなたの“言葉"になり、学ぶこと自体が楽しくなります。
英語が苦手という人も、私たちがサポートします。

TOEICレベル別4技能学習

レベルに見合った英語を学べる!

英語の習得のスピードには個人差があります。
そのため英語学習は、自分のレベルに合った内容とペースで学べる環境があることが大切です。
そこで本学では、英語学習の第2ステージとしてTOEICスコアによってレベル分けをしたクラス学習を行っています。このステージで学ぶことは、英語を的確に使いこなすための4技能である、リーディング・ライティング・リスニング・スピーキング。
自分に最適なレベルのクラスで、英語をとことん学びましょう。

Advanced English

真のコミュニケーション英語を身につける!

Advanced Englishは、本学の上級者向けの英語科目です。
このステージは英語"を"学ぶのではなく、英語"で"文学・文化・社会科学などのさまざまな学問を学びます。そういった高度な英語学習を通して、これまでに培った英語力を実務で通用するレベルまで向上させます。
グローバル社会で活躍するためには、自国の文化や社会や歴史を他国の人々に伝える能力が欠かせません。
世界の共通語である英語を習得し、真の国際人を目指しましょう。

入学前学習サポート

レベルに見合った英語を学べる!

今現在、英語力に自身がなくても大丈夫!
入学してから大学の英語教育にスムーズについていけるように、入学前から事前課題に取り組んでいただきます。

一歩を踏み出した学生たち

英語は苦手な科目だった

中学生の頃までは、英語は成績が悪かったので嫌いな科目でした。
そんな時、祖母の勧めで入った英会話教室の先生と気があったことで、嫌いな科目が大好きな科目に変わりました。
将来は、この先生のように英会話の先生を目指しています。

留学のおかげで英語力が伸びた

3年次にニュージーランドに半年間留学したことで、英語力が伸びました。英語を話せるようになりたいなら、実際に会話しながら学ぶのが一番良いと思います。
留学を通して痛感したのは、日本人は「読む」「書く」という文法には強いけど、会話が苦手ということです。留学を通して、もっとたくさんの人と英語で話したいと思うようになりました。

会話の大切さを伝えたい

大学では、英語を使って心理学・統計学・健康・歴史・スポーツなどの学問を学ぶ授業もあります。その授業では"英語を学ぶ"というより、全く別の学問を学んでいるような感覚になります。
もちろん、授業中の発言も英語で行われています。英語を話す機会が多いことで、将来英会話の先生をめざす者として英会話の大切さを日本の人たちに伝えていきたいと思っています。

神野 紗慧 さん(4年)