2度の長期留学へ。
多言語を通して
築いた、人との絆。
2021年3月卒業 中島 崇博さん
留学がしたくて進学しました。まずはあえて苦手で嫌いな英語に挑戦! セブ島での全員留学で話せない自分を実感したことから無我夢中になり、2年次秋から1年間、オーストラリアに留学しました。授業外でも英語で話すことを徹底したら100人超の友人ができ、人づきあいが苦手だった性格も驚くほど変化しました。さらに新たな言語を修得して新たな人間関係を広げたいと思い、台湾へ1年間留学し、その後は韓国語も勉強。語学を攻略するほどに世界が広がり、やりたいことが絶えず湧いてきます。
愛知県 名古屋市立工芸高等学校
オーストラリアと台湾に留学
目標はひとつじゃない。
負けず嫌いが
自分を成長させる。
4年 赤塚 隆一さん
1年次は「わかるまで聞き返す、わかってもらえるまで話す」という姿勢でネイティブの先生に話しかけ、英語力を磨きました。ある程度の自信がついたこともあり、「次は中国語!」と2年次2月から1年間、北京へ留学。初めは授業も聞き取れず生活するだけで精いっぱい……。そこで、できるだけ外に出掛けて現地の中国人と交流しました。するとリスニング能力がUP! 授業では自分の考えを持つことにより教科書を深く理解できました。HSK5級にも合格し、将来は海外で仕事をするのが夢です。
愛知県 名古屋市立工業高等学校
中国留学
大学3年次に任された
教職クラブ部長。
教師になる夢が膨らんだ。
2017年3月卒業 ⻆田 龍之介さん
高校生のころに母が他界し、そのショックで何もかもに無気力になっていました。そんな自分を救ってくれたのが担任をはじめ多くの先生たち。その熱意と温かさに触れるうち、教師になりたい気持ちが芽生えていきました。大学での講義は想像以上に専門性が高く自分の無知を思い知らされましたが、先生方の親身なサポートのおかげと、3年次に教職クラブの部長に抜擢されたことで、教師になる夢がさらに膨らんでいき無事、教員採用試験に合格できました。
熊本県立熊本北高等学校
神奈川県立山北高等学校 国語科教員
長期留学も、教職も。
究めたからこそ
かなった大きな夢。
2020年3月卒業 北村 真弓さん
普段から外国人留学生と接する機会が多い大学なので、ちゃんと話して仲よくなりたいと思ったのが中国語を究めようと思ったきっかけです。そして2年次秋から約1年間、北京聯合大学へ留学。これまでで一番と言えるくらい勉強して、HSKの最上級6級に合格しました。現地では友達の輪もでき、人間的な成長が実感できました。帰国後は教職課程に集中し、4年次の教育実習では母校の高校へ。念願だった教員採用試験に無事合格し、県内の高校で国語と中国語の先生として頑張っていきます。
愛知県 中部大学春日丘高等学校
HSK6級合格

逆転力教育のポイント

自国の教養を身につける。日本文化分野

日本人としてのアイデンティティを育み、
世界と語り合える人に。
本学の学びの基礎教養では、日本文化の理解を重視しています。
グローバル社会で活躍するためには、英語や中国語が堪能なことに加え、日本人として「何を語るか」が重要だからです。
日本文化を多角的に学んで正確な知識を身につけ、体験を通して日本人ならではの感性や美意識を育てましょう。
おのずと他文化への理解も深まるはずです。

3つの学びフィールド

各学科それぞれのテーマについて、現代文化、古典、歴史の3つの視点から学び深め、日本文化の魅力に触れます。

  • 文学から学ぶ

    現代の日本における〈文化〉は、文学や芸術といったメインカルチャーもさることながら、所謂サブカルチャーまで多岐にわたっています。〈文化〉とは〈ことば〉であるという視座から、現代の日本に流通する文学や漫画作品、映像やアニメ、ゲーム等、あらゆる表現されたものを対象に、時代のディスクールを分析・研究し、グローバル化の進展する世界で、多文化共生の視点を培います。

  • 言語文化から学ぶ

    日本の伝統文化は、現代にも息づいており、大きな影響を与えています。本学では古典文学を中心に、実体験も含んだ豊かな学びによって日本の古典文化への理解をめざしています。〈ことば〉は文化を形成する大切な要素です。和歌文学や物語文学、日記文学を読み解き、茶道や書道、絵画作品や服飾から、移りゆく四季に身を置いてきた日本の文化を複眼的に探ります。

  • 歴史から学ぶ

    歴史資料をひもときながら、歴史学の基本となる史料読解能力、論理的思考力を身につけます。政治、経済、文化、学芸などさまざまな切り口から日本の歴史にアプローチし、日本文化のルーツと変遷を探求します。さらに、歴史と現代社会の結びつきを考察することで高校までの教科書で学ぶ日本史の一歩先へ踏み出し、単なる知識のコレクションにとどまらない教養を身につけます。

文化も世代も越えた交流で、対語力を鍛える。 語学力スキルアップ

E-Lounge(English Lounge)
いつでも気軽に英語に触れることができるコミュニケーションスペース。海外からの留学生やネイティブ教員がチューターとなり、授業で分からなかったところの補足や学修のサポートをしてくれます。
C-C Lounge(Chinese-Communication Lounge)
留学生がチューターとなり中国語学習のサポートをします。同世代の留学生との交流により、異文化への理解も深めます。
TOEICレベル別4技能学習 レベル別クラスで効果的に英語力を磨く!

英語の習得スピードには個人差があるため、自分のレベルに適した内容とペースで学べる環境であることが大切です。そこで本学では、1年次夏に全員がTOEICを受け、スコアによってクラス分けを行い、英語学習の第2ステージに進みます。このステージで学ぶのは、英語を的確に使いこなすための4技能である、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング。約半年ごとにTOEIC受験の機会があるので、モチベーションを維持しながら能力向上を確認することができます。

TOEICレベル別4技能学習
Conversation オールイングリッシュで会話力を育成!

2020年度からスタートした全員必修の英会話強化科目です。1年次から開講し、担当するのは英会話スクール「ECC」のネイティブ講師。スピーキング、リスニング、ボキャブラリー、文法に焦点を当ててオールイングリッシュの授業を展開し、「使える英語コミュニケーション能力」の基礎を育成します。

ECC
Conversation
Discussions and presentations 実践的な授業で高度な英語力を鍛える!

2019年度から、世界70以上の国と地域で展開している「ベルリッツ」と本学とが連携したオリジナル授業がスタートしました。積極的なディスカッション参加や論理的なプレゼンテーション発表に必要な英語力とコミュニケーションテクニックを身につけられます。座学のみではなく、オールイングリッシュでアウトプット(発話)中心の授業スタイル。講師がその都度、直接フィードバックを行うため、良かった点も改善点もすぐに把握でき、英語力向上につなげることができます。

Berlitz Speak with Confidence
Discussions and presentations

授業計画

授業計画 授業計画

学ぶ意欲をサポートする給付型の学内奨学金制度

入学試験の結果によって利用できる奨学金制度
特別奨学生試験制度
特別奨学生試験により選考した5名に入学金+4年間の授業料全額(総額332万円)を給付します。
ABU特待生奨学金制度
一般学力入試A日程(前期)の合格者の中の成績優秀者に初年度授業料全額または半額を給付します。
指定校奨学金制度
指定校推薦入試の合格者の中の成績優秀者に初年度授業料全額または半額を給付します。
入学後の努力によって利用できる奨学金制度
留学奨学金制度
在学中の学生で留学をする者に、留学中の本学授業料の3/4を免除します。
ABU目標達成型奨学金制度
語学検定の検定料に応じた金額を給付します。
特待生奨学金制度
在学中の学生で学業優秀者に授業料の全額または一部を給付します。

逆転力教育とは?

本学は、社会で活躍できる人材になるためには“3つの基礎力”と“基礎を発展させる力”が必要であると考えます。
“日本人としての教養”“大学生としての学力”“社会人になる心構え”これらの3つの基礎力を身につけた上で、それらをベースに自らをどんどん発展させていけるような人材を育てあげることが本学の教育。
さらに、歩みたい進路に合わせて「グローバル英語プログラム」「中国語・中国文化プログラム」「教員養成プログラム」といった、それぞれの専門性を追究していくためのプログラムも用意しています。
4年間の学びを通じて、自分でも驚くほどの成長を遂げてください。

逆転力